Ipack Technology (Shenzhen) Co. Ltd.

6パックは無光沢のコーティングのワイン・ボトルのギフト用の箱を波形を付けた

商品の詳細:
起源の場所: シンセン、中国
ブランド名: IPACK
証明: FSC, ISO 9001, ISO 14001, G7, SMETA
モデル番号: 21-12
お支払配送条件:
最小注文数量: 500 PC
価格: Negotiable
パッケージの詳細: 内部PPは、外の良質の輸出カートン袋に入れる
受渡し時間: 7-15の仕事日
支払条件: T/T、ウェスタン・ユニオン、Paypal
供給の能力: 1ヶ月あたりの3,000,000 PC
  • 詳細情報
  • 製品の説明

詳細情報

製品名: 注文の安い折り畳み式の飛行機は段ボールを6パックの赤ワインのびんのキャリア箱 色: 黒、4Cまたは5C+PMS、Pantone色、CMYKは、多彩な、注文色着色する
終わり: 無光沢のコーティング、無光沢にニスをかけることの金ホイル、柔らかいタッチのラミネーション、光沢のラミネーション 処理の印刷: 紫外線印刷、ソフト接触ラミネーション紫外線、点浮彫りになるマットの金の熱いホイル ニスをかけること
材料: C2Sのペーパー、SBS板、クラフト紙、PUの革、アート ペーパー、特殊紙、灰色板、段ボール紙、C1S板 サイズ: カスタマイズされたサイズ
特徴: 、強い、再使用可能、耐久、環境に優しい、再生利用できる、贅沢多目的、防水 使用: 、XOカクテルのために包むのウィスキー、ビール、ワイン、シャンペンの赤ワイン、ブドウのワイン
注文のロゴ: 受け入れなさい パッキング: 良質の輸出カートンによって詰まる平たい箱
MOQ: 500 PC サンプル費用: 置かれた一度払い戻しの順序でであって下さい
サンプル時間: 5-7の仕事日
ハイライト:

無光沢のコーティングのワイン・ボトルのギフト用の箱

,

6パックのワイン・ボトルのキャリア箱

,

クラフト紙のワイン・ボトルのギフト用の箱

製品の説明

注文の安い折り畳み式の飛行機は段ボールを6パックの赤ワインのびんのキャリア箱
 
 

 

 

 

特徴

1)。処理の印刷:紫外線印刷、ソフト接触ラミネーション紫外線、点浮彫りになるマットの金の熱いホイル ニスをかけること
2)。終わり: 無光沢のコーティング、無光沢にニスをかけることの金ホイル、柔らかいタッチのラミネーション、光沢のラミネーション

3)。材料: C2Sのペーパー、SBS板、クラフト紙、PUの革、アート ペーパー、特殊紙、灰色板、段ボール紙、C1S板

4)。黒、4Cまたは5C+PMS、Pantone色、CMYKは、多彩な、注文色着色する
5)。使用: 、XOカクテルのために包むのウィスキー、ビール、ワイン、シャンペンの赤ワイン、ブドウのワイン
6)。特徴: 、強い、再使用可能、耐久、環境に優しい、再生利用できる、贅沢多目的、防水
包装

私達は顧客の要求に従っていろいろな種類のパッキングを供給してもいい

 

 

サンプル

1)。サンプル時間:5-7日以内に
2)。サンプル充満:製品仕様書に従って
3)。サンプル船積み:TNTによって、UPS、Federal Express、DHL。明白な費用は満たされる。

4)。サンプル料金の払い戻し一度払い戻しの場所の順序でであって下さい

支払 T/T、PayPalの西連合、Alipay
受渡し時間 確認の順序に7-15日

 

6パックは無光沢のコーティングのワイン・ボトルのギフト用の箱を波形を付けた 06パックは無光沢のコーティングのワイン・ボトルのギフト用の箱を波形を付けた 16パックは無光沢のコーティングのワイン・ボトルのギフト用の箱を波形を付けた 2

 

FAQ

 

1. 私はいかに箱を測定するか。
次元の適切な順序は長さXの幅Xの深さである。とのあなたの前のカートンを開放端置きなさい。長さは左から右へ最も長い開放端次元である。幅は支持するべき前部からの最も短い開放端次元である。深さは完全に残りの次元である。

 

2。 販売するべき標準的なプロダクトがあるか。
いいえ。私達はOEMの発注に取り組む。それはサイズ、材料、量、設計および包装の解決があなたの要求によって決まることを意味する。明らかに、あなたのロゴはプロダクトで印刷することができる。


3。 最低順序の条件があるか。
高い機械が原因で段取費用を出荷の貨物、私達は小さい順序を受け入れない。私達の最低順序量は1000 PCである。それはあなたが20" GPか40"を発注することができる単価および郵送料を削減するHCように推薦される。

私達と連絡を取ってください

あなたのメッセージを入れて下さい

あなたはこれらに入るかもしれない